長崎市・浜の町 美容室 | vicushair | ヴィークスヘア

ハイクオリティのカラーなら【vicus hair】☆最新のトレンドを取入れジブン史上最高カワイイをプロデュース

黒染め!美容室と市販の違い

黒染め!美容室と市販の違い

こんにちは!

野口です。

 

卒業シーズン前のこの時期ですが、

就活で黒染めしていて就職前に髪を明るくしたい!

という方などが多くいらっしゃると思います。

 

黒染めというところが今回のキーワードです。

 

大事なのが”美容室の黒染め”なのか”市販の黒染め”

というところがポイントになってきます。

 

美容室と市販の黒染めの違い

普通の方だと違いはよくわからないですよね。

大きく分けて3つの違いがあります。

1)明るくする時に赤みがすごく出る

市販の黒染めはどんな髪の色の人でも確実に黒にする為に

「赤」「青」「黄色」の色素がいっぱい入ってます。

この中では「青」が一番抜けやすいので、

結果、赤みがすごく出やすくなります。

2)次に明るくする時に、ムラが出やすい

美容師の方でもムラなく綺麗に塗る為に日々練習を重ねて上達してます。

なので、どんなに器用な方でも、薬剤を均等に塗るのはとても難しいです。

濃く染まってるとこや、薄く染まってる所が混合した状態になり、

次回染める時は確実にムラになるでしょう。

3)市販の黒染めはすごく痛む

1で言ったように、市販の黒染めはどんな髪の人でも確実に

黒にするように作られてます。

なので薬剤のパワーもMAXに設定されてる事が多いです。

黒なので痛んで見にくくなりますが、実際はすごくダメージしてます。

あと、vicusに関してはシャンプーで落ちないカラー剤の成分(ダメージや色落ちの原因)を

しっかり取り除くようにしています。

ここも市販と美容室でのカラーのダメージ差になります。

他にも

【明るくなりにくい】【色が入りにくい】

など多くの問題もあります。

 

美容室での黒染めはいくつか種類があり、

・どれくらい黒染めを保たせたいのか

・黒染め時の明るさ(真っ黒なのか、自然な黒なのか)

・次回にどういう明るさ、色味にするか(赤みをだしたくないのか)

などをカウンセリング時に聞き色々な提案をさせてもらってます。

その方1人1人に合わせたベストな調合で黒染めを提案していきますので

ご安心ください。

 

黒染めするにしても明るくするにしても、

まずは担当美容師さんにしっかり相談しましょう!

iba-204-11

 

 

⇓【ご予約はこちらから】⇓

 vicushair公式アカウントです☆

ご予約・ご相談はもちろん、最新情報やblogの更新情報などもご確認できます☆

※お友達に追加していただいただけでしたら、こちらからはどなたかわからないようになっていますので、

ご安心してお友達に追加してください♪

友だち追加数

【ご予約・ご相談】なんなりと承ります!お友達登録お願いします!!

 

記事を書いた人

野口輝
長崎市出身、山野美容卒。29歳。O型。vicushairの売り出し中のスタイリスト。
《カラーとアレンジが得意》BlogにてStyle更新中!!
スポーツ全般、漫画大好きです♪
Return Top