長崎市・浜の町 美容室 | vicushair | ヴィークスヘア/ハイライト/グラデーション/ダブルカラー

ハイクオリティカラーならvicushair☆ハイライト☆グラデーションでジブン史上最高カワイイをプロデュース

【ヘアカラー大好きな方へ】失敗のない「カラーのオーダーの仕方」

【ヘアカラー大好きな方へ】失敗のない「カラーのオーダーの仕方」

美容師にカラーのオーダーをされる際、結構迷いますよね。

言葉で伝えようとすると、、、

がみがみ

「今より明るく」「今より暗く」「赤みがイヤ」「黄みがイヤ」「つやが欲しい」「外国人風に」「暗めだけど黒はイヤ」「赤みがない暗め」「ヤンキーっぽくなりたくないけどかなり明るく」「とにかく赤く」「白っぽく」…etc

 

サロンに入るまで

「美容師さんに何て伝えればきちんとイメージ伝わるかな?」

って考えちゃいますよね。

 

でも、

言葉だけじゃなかなか頭にあるイメージを伝えるのは大変。

 

おまけに、

⇓こんな薬剤の「色見本」見せられても美容師ではない方には仕上がりのイメージしにくいでしょ。

promasterexcolorchart

こんな感じ。。。

⇓  ⇓  ⇓

がーん

やはり雑誌や、ヘアカタログでしっかりイメージの共有をしながらカラーのカウンセリングをするのが一番。

しかし、

髪色が撮影時の照明や加工で見にくい場合もあるので要注意!

しっかり確認しましょう。

「このヘアスタイルのこの部分の色の感じがいい」

みたいに、細かく部分で指差して伝えるのもアリだと思います。

 

 vicushairの場合は、

基本的にiPadで画像を見ていただきながら「明るさ」「色味」を決めて頂いて、

しっかりイメージの共有を図っています。

きまり

実際のvicusのゲストstyleの写真を見ていただき、ご提案をしています。(特殊なカラーはググります)

 ⇑ココが重要!!

実際、うちで作ったカラーデザインなので、

色をしっかり出せるのはもちろん、

髪質や髪の状態、髪の今後のイメージ、トレンド、お客様の雰囲気、肌色などきちんと加味し「似合う色」をご提供できます。

 

以上のことを踏まえ、

まとめると、

失敗のない「カラーのオーダーの仕方」は、

「言葉」だけじゃなく、「色見本」なんて見ないで、

雑誌やヘアカタログをしっかり細かく見て決める。

 ですね。

まぁ、ここまでは普通かな。

 

でも、

それよりも「ベストなカラーのオーダーの仕方」は、

そのサロンのゲストstyleを見てオーダーをする

だと思います。

 

 ちなみにこちらが⇓タブチのインスタグラムです☆

https://instagram.com/hidevicus/

 

しっかりサロンスタイル確認してサロン選びしましょうね☆

うちはご新規のお客様でも「おまかせ」大歓迎ですよ♪

 

カラー大好きな方、ぜひぜひ参考にされてください!!

 

ではまた☆

 

 

⇓【ご予約はこちらから】⇓

 vicushair公式アカウントです☆

友だち追加数

【ご予約・ご相談】なんなりと承ります!お友達登録お願いします!!

 

記事を書いた人

田渕 英和
(株)ヴィークス代表取締役。
2008年 [ vicus hair ] 設立 
長崎県出身・山野美容卒・35歳・O型  

独自のカラー理論・ヘアケア理論で多くの支持を得ている(最近は外部からカラー講習の依頼も増えている)

日本最大のフォトコンテスト入賞。

Hair/Make/Photo/Web全てをこなす。
ホームページや広告デザインも手がける。
  
本好きで言い回しが回りくどいのが特徴。。。

カット¥6480
カラー¥7560
パーマ¥7560
Return Top