長崎市・浜の町 美容室 | vicushair | ヴィークスヘア/ハイライト/グラデーション/ダブルカラー

ハイクオリティカラーならvicushair☆ハイライト☆グラデーションでジブン史上最高カワイイをプロデュース

「教わる」と「学ぶ」

「教わる」と「学ぶ」

美容師にとって一番大切なこと。

 

「技術を磨く」「知識をつける」

 

 

技術と知識、

教えてもらうのか。

学ばせてもらうのか。

 

 

《「教わる」と「学ぶ」の違い》

 

☆教わる=

(1)教えを受ける。教えてもらう。

 

☆学ぶ=

(1)教えを受けて知識や技芸を身につける。 

(2)勉強する。学問をする。 

(3)経験を通して知識や知恵を得る。わかる。 

(4)まねる。

 

 

 

受動的(受け身)に「教わる」のか。

能動的(自発的)に「学ぶ」のか。

 

 

営業中に先輩の技術と知識をとことん

「観る」「聴く」

 

 

タブチのアシスタント時代を例にすると、、、

 

先輩の仕事をずーっと本気で観ていると(しっかり爪先から指先、頭のてっぺんまで、くまなく観察)

全てができる気がしてくるんです。

 

イメージがリアルになって擬似体験している感じかな。

 

すんごい集中してないとそうはならないですが、

自分がやっている気がするくらいまで本気で観てました。

 

そして、

なんでもできる気がしたまま営業後のレッスンへ。

 (⇑ここが大切)

 

そこで実際やってみるとうまくいかない。

 

 

周りから、

「教わってないから当たり前じゃん」って言われても納得いかない。

 

 

「できる気がしたんだからできるはず。」

としか思えない。

 

試行錯誤してもなかなかうまくいかない。

 

 

そして次の日は、

先輩と自分の「何が違ったのか」を見つけるため、

もっと本気で観る。

 

その繰り返し。。。

 

 

だから、

あまり「教わった」感覚がないんです。

 

 

関わった先輩方から、

しっかり学ばせていただきましたので。

 

 

(もちろん今後もしっかり学んでいきます)

 

学ぶ

 

 

こんなやり方は、

もう時代にあってないだろうし、

自分みたいな変なタイプは当時から少なかったような気もします。

 

 

ただ「教えてもらう」よりも、

「学ばせてもらう」気持ちで毎日を過ごしていけば、

ひと月後、半年後、1年後は、

自分の想像以上の成長を遂げているんじゃないかな、って思います。

 

 

現状にはいろんな不満があって、

将来への不安もいっぱいで、

大変なのは重々承知の上で書いてます。

 

ただ、

未来は自分で作るものです。

 

 愚痴って今日を無駄にしない。

 

どんな環境でも「学びの場」にして、

逆境をバネにして成長していきましょう。

 

 

以上、

最近、若い美容師さんがこのblog見てくれているようなので、

若人に向けてちょっと語ってみました(ノ゚∀゚)ノ

 

自分ももっと頑張ります。

 

では〜

 

 vicushair公式アカウントです☆

友だち追加数

 

【ご予約・ご相談】なんなりと承ります!

お友達登録お願いします!!

 

 

記事を書いた人

田渕 英和
(株)ヴィークス代表取締役。
2008年 [ vicus hair ] 設立 
長崎県出身・山野美容卒・35歳・O型  

独自のカラー理論・ヘアケア理論で多くの支持を得ている(最近は外部からカラー講習の依頼も増えている)

日本最大のフォトコンテスト入賞。

Hair/Make/Photo/Web全てをこなす。
ホームページや広告デザインも手がける。
  
本好きで言い回しが回りくどいのが特徴。。。

カット¥6480
カラー¥7560
パーマ¥7560
Return Top